男の子の産み分け

女の子産み分け

男の子産み分け

 

Y精子が有利になる様な環境を作ってあげる事が男の子を産み分け出来るコツになるのではないかと

排卵日を予測する事が男の子を産み分けする為に絶対的に欠かせない事だそうです。男の子を産み分けするタイミングは排卵日であるからと言う理由から来ているのですが、排卵日を特定させるのは難しく、大体特定出来る様になるまで基礎体温を測ったり排卵チェッカー等を使ったりしても大体3ヶ月位は最低かかると言われています。排卵日以外は男の子の産み分けタイミング以外と言う事になりますので避妊をする様にしましょう。もちろん排卵日以外でも男の子を妊娠する可能性が有りますが、産み分けと言う観点で行うなら排卵日を特定させた方が良いでしょう。

 

先程も書きましたが、男の子を妊娠するタイミングは排卵日であると言われています。男の子を作るY精子の寿命が1日しかないと言う事、女の子を作るX精子と比べてY精子の方が量も多いし元気であると言う事が理由として挙げられます。女の子を作るタイミングが排卵日の2日前と言う事ですが、男の子は排卵日当日で良いタイミングになります。こうした理由から男の子の産み分けの方が女の子の産み分けよりしやすいと言われているのです。もちろんデメリットは有ります。通常Y精子の方が元気だからY精子の方が受精する確率は高いですが、一斉にX精子も受精しようと頑張りますので負けてしまう可能性もあると言うデメリットが有ります。ですからY精子が有利になる様な環境をいくつか作ってあげる事が男の子を産み分け出来るコツになるのではないかと思うのです。

産婦人科による産み分け方法

色んな方法が産み分けには有りますが、あなた自身に合った産み分け方法を知りたいのであれば産婦人科に行って相談するのが一番だと思います。そうする事で排卵日の予測もしやすいですし、色んな原因や指導が可能になります。またゼリーやリンカル等も産み分けの道具として使う事が有りますが、それも購入することができます。但し産み分けの場合に行われる指導はいくら病院で行ったとしても保険適用外になりますので、基本的には健康保険証は必要ありません。出来れば基礎体温表も最低3ヶ月位は付けていくと相談もしやすくなると思いますよ。

 

こうした産み分けに関しての相談を受けてくれる産婦人科は日本全国にたくさん有ります。産み分けに定評がある産婦人科のリストを出しているサイトもありますので調べてみても良いですね。産婦人科医によって産み分けに関しての考え方は異なります。もし少しでもあなたに産み分けに関する知識が有るのであれば、事前に電話やメールをしてどういう指導が行われるのか聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

産婦人科に行くタイミングですが、排卵日を予測するという事にもなるかもしれませんので月経が始まった日から数えて10日前後にすると良いみたいです。先ほど保険適用外と書きましたよね。ですから全額自己負担になりますので、事前にお値段なども聞いておいた方が良いかもしれませんよ。あなたに合った良い産婦人科が見つかります様に頑張ってくださいね。

女の子の産み分けのコツ

どうしても女の子の赤ちゃんが欲しいと言う事も有るでしょう。女の子産み分けにいくつかコツが有るみたいなのでちょっとご紹介してみましょう。但しここでご紹介する産み分けのコツに科学的根拠は有りませんので参考程度に見てください。

 

男の子を作るY精子は熱に弱いそうです。その為体温を上げる事でY精子を減少させていこうと思うのです。ピッタリ目の服を着たりお風呂に入ったりするのも良いですね。但しやり過ぎない様にしてくださいね。また神経が過敏になる場合、膣内が酸性になりやすく女の子を妊娠しやすい環境になると言われています。Y精子が酸性に弱いからだと言われているからです。こうした酸性の環境を作る為に適度なストレス状態になれば良いそうです。

 

また男の子を作るY精子は酸性に弱いとされている為、膣内を酸性にする事で女の子が出来やすい状態を作り出してくれます。その為に食酢を使って膣内洗浄をすると良いと言われています。ぬるま湯1リットルを用意します。その中に大さじ2杯程度の食酢を作り、それを使って洗浄します。また面白い事に旦那さんがしている仕事によっても産み分けがされるみたいです。こうした事の理由は明らかでは有りませんが、きっと何らかの要因が有ると思われます。
この様に女の子を産み分けするコツを使って失敗しても良いと言う感覚で実行してみてくださいね。決してやり過ぎたり思い詰めたりし過ぎないでくださいね。ストレスが溜まって上手く行く物も行かなくなると思いますよ。