体位による産み分け方法

女の子産み分け

男の子産み分け

 

無理にすると気持ち良いどころかストレスになってしまって産み分けどころじゃなくなって

セックスの時の体位って何か考えてしていますか?セックス時の体位も産み分けに関係していると言います。産み分けをする為の体位は深く挿入するか浅く挿入するかによって分けられるそうです。膣内で分泌液を出していますがこれが体位によってX精子とY精子に分けられるからなのです。

 

女性の膣内は酸性であるそうです。また男の子を作るY精子は酸性に弱いんだそうです。女の子を作りたい場合、膣内の分泌液を出してY精子を減らす事によって女の子が出来る可能性を高めます。ですから体位も浅く挿入して膣内に出来るだけ精子を触れさせる様にすれば良いと言う事になります。対して男の子が欲しい場合は膣内にY精子を触れさせない様にすれば良いので、深く挿入する体位にして精子を直ぐに膣内から子宮へ移動させれば良いと言う事になります。また女性がオルガスムスを味わう事で膣内の酸性度が中和されるそうです。

 

ですから男の子が欲しい場合は女性が感じやすい様にしてあげれば良いみたいです。女の子の場合は逆ですよね。こうした事を踏まえた上で体位を実行してみてくださいね。無理に体位を変える必要は有りませんよ。無理にすると気持ち良いどころかストレスになってしまって産み分けどころじゃなくなってしまいますので今している体位でポイントを押さえて行う様にしましょう。産み分けと言うと大変でお金がかかるんじゃないかと言うイメージが有りますが、そんな事はなく体位をちょっと変えるだけでチャレンジ出来るので考えているのであればチャレンジしてみましょう。

ピンクゼリーによる女の子の産み分け方法

ピンクゼリーは女の子を産み分けたい時には使う機器になります。こればゼリー状になっている物で、セックス前にシリンジと言う物を使って女性の膣内に挿入して使います。これにより膣内を酸性の環境に作り上げますので男の子を作るY精子が減少して女の子を作るX精子だけを子宮に送り出そうと言う考えで作られている物です。開発されたのはイギリスでイギリスではピンクゼリーではなくてチョイスと言っているそうです。膣内に挿入しますので日本では産婦人科の指導処方が必要になります。ドラッグストア等では気軽に買えませんので真剣に女の子を産み分けしたいと言う方にオススメです。病院以外で手に入れた場合は衛生面が不安ですので使わない事をオススメします。
具体的にピンクゼリーをどう使うか詳しい使い方は産婦人科で聞いてください。簡単にここでは説明してみたいと思います。

 

冬場はピンクゼリーに使われているゼラチンが固まってしまいますので最初に温めてから使う必要が有ります。準備が出来ましたら最初に指導に合わせた分量のピンクゼリーを付属のシリンジに取ってください。女性は腰の下あたりにクッションを入れてゼリーが膣から流れ出るのを防ぐ環境を作ります。膣内の奥の方にシリンジを入れてピンクゼリーを挿入して下さい。もし入れにくかったらシリンジの先端にもピンクゼリーを塗ってみてください。入れたら足を閉じて膣内でピンクゼリーが馴染むのを数分間位じっとして待ちます。性交渉の際は女性に刺激をなるべく加えない様な感じで行ってください。

産み分けと高齢出産について

近年、女性の生活スタイルが随分変わってきましたよね。専業主婦が少なくなり兼業主婦が多くなってきました。その上晩婚傾向で30〜40代女性の未婚率も増えてきています。そうした晩婚傾向にある中、問題視されているのが高齢出産です。晩婚になってしまうと言う事は、初産の年齢が高齢化してしまうと言う事にも繋がります。高齢出産の定義としては「40歳以上の人が妊娠、出産をする事」とされています。20〜30代の様な若い世代と比較しても妊娠する可能性が低くなってきてしまうのです。そんな中、高齢出産だから赤ちゃんを産むのも1人が限界かなと言う少子化を招く事にもなるのですが、1人しか産まないのであれば産み分けをしたいと願う人もたくさん出てくると思うのです。

 

でも産み分けをすると言う事は、受胎を望んでいる時以外の性交渉の際には避妊をしなくてはいけないと言う事になります。つまり1ヶ月の間に1回だけは避妊なしで性交渉を行って、それ以外は避妊をすると言う事になります。その上3ヶ月以上は少なくとも基礎体温を測っておく必要が有ります。こうした事を考えると産み分け以前に妊娠自体の確立も低くなってしまうと思うのです。もし高齢出産で産み分けをしようと考えているのであれば、こうした妊娠自体がしにくいと言う環境を作り出す事も認識しておく様にしましょう。また産み分けをする必要がそもそも有るのかどうかを夫婦間でよく話し合ってから実行する様にした方が良いと思いますよ。