食事による産み分け方法

女の子産み分け

男の子産み分け

 

食事でニンニクを食べて気分や身体を盛り上げると言う物です

男女の産み分けに関しては、病院で行う物ばかりではありません。昔から食事で産み分けをするという方法が伝えられてきたと言います。男性や女性の身体をアルカリ性に傾かせたり酸性に傾かせたりするのを食事によって行い、結果的に産み分けをするという方法になります。例えば男の子の産み分けをした場合ですが、肉や魚を中心とした食事を男性側が行い、女性側がサラダ等野菜中心の食事をするという方法、女の子の場合はこの逆になるという物です。

 

でも実際にこうした方法は効果があるのでしょうか。ちょっと不安な感じがしますよね。人間の身体は健康に保つ為に恒常性と言う性質を持っています。これにより体温、血圧、PH(これがアルカリ性や酸性を指します)を一定に保ってくれるのです。これにより通常は食事をしてもPH自体が酸性かアルカリ性に傾くと言うのはあまり考えられません。食事でPHを傾かせようと必死になると身体のバランスが崩れて健康に害を及ぼす可能性も考えられます。妊娠をする時の理想は男女とも健康である事が一番望ましい事だと思います。毎日の食事は出来ればバランスよく、PHを傾かせない様な食事をすることが望ましいのです。それならば食事によって産み分けはしちゃいけないのかと言う事になります。長期的なスパンで身体のPHをどちらかに傾かせるのはおススメしませんが、一時的であれば有効なのじゃないかと思います。例えば性交渉の前の食事でニンニクを食べて気分や身体を盛り上げると言う物です。これだと絶対ではありませんが多少の効果は期待できるのではないでしょうか?

グリーンゼリーによる男の子の産み分け方法

グリーンゼリーは男の子を産み分けたい時には使う機器になります。こればゼリー状になっている物で、セックス前にシリンジと言う物を使って女性の膣内に挿入して使います。これにより膣内をアルカリ性の環境に作り上げますので男の子を作るY精子が有利になる様な膣内の環境を作り上げ、Y精子を子宮に送り出そうと言う考えで作られている物です。開発されたのはイギリスでイギリスではグリーンゼリーではなくてブルーゼリーと言っているそうです。膣内に挿入しますので日本では産婦人科の指導処方が必要になります。ドラッグストア等では気軽に買えませんので真剣に男の子を産み分けしたいと言う方にオススメです。病院以外で手に入れた場合は衛生面が不安ですので使わない事をオススメします。
具体的にグリーンゼリーをどう使うか詳しい使い方は産婦人科で聞いてください。簡単にここでは説明してみたいと思います。

 

冬場はグリーンゼリーに使われているゼラチンが固まってしまいますので最初に温めてから使う必要が有ります。準備が出来ましたら最初に指導に合わせた分量のグリーンゼリーを付属のシリンジに取ってください。女性は腰の下あたりにクッションを入れてゼリーが膣から流れ出るのを防ぐ環境を作ります。膣内の奥の方にシリンジを入れてグリーンゼリーを挿入して下さい。もし入れにくかったらシリンジの先端にもグリーンゼリーを塗ってみてください。入れたら足を閉じて膣内でグリーンゼリーが馴染むのを数分間位じっとして待ちます。性交渉の際は女性に刺激をなるべく加えない様な感じで行ってください。