膣洗浄による産み分け方法

女の子産み分け

男の子産み分け

 

この方法で産み分けをしたいのであれば産婦人科の指導の元で行うように

重曹や酢を水に溶かした物を使って膣洗浄をする方法は昔から有る産み分け方法の1つです。とは言う物の、最近はこうした方法よりピンクゼリーやグリーンゼリーを使った産み分け方法を取り入れる方が一般的になっています。では以前行われていた膣洗浄はどんな風にしていたのか説明してみたいと思います。

 

先ずは重曹ですが別名ベーキングパウダーとも呼ばれています。焼き菓子を膨らませる為に使ったり、洗剤代わりに使ったりして活躍しています。重曹の成分は弱アルカリ性となっています。男の子のY精子はアルカリ性では活発になる為、重曹水を膣内に入れて洗浄しアルカリ性の環境を作って男の子の産み分けをする時に使っていました。次に酢水ですが酢は酸性です。男の子のY精子は酸性に弱いです。比較的酸性でも堪えられるのが女の子のX精子です。この為、酢水で膣内を洗浄し酸性の環境を作って女の子の産み分けをしていたのです。しかし食酢には色んな添加物が混ざっていますのであまり衛生上好ましくないとされています。その為産婦人科では食酢ではなく低濃度の酢酸水を使っている様です。

 

こうした事からも分かる様に膣洗浄をする意図は膣内を酸性にしたりアルカリ性にしたりして男女の産み分けをしようと言う物でした。但し水ですので直ぐに膣から流れ出てしまって高い効果は見込めないと言う事、自分でやるには衛生上注意が必要で有るのです。この方法で産み分けをしたいのであれば産婦人科の指導の元で行うようにした方が良いでしょう。

リンカルによる男の子の産み分け方法

リンカルとはサプリメントの事でカルシウム、鉄分、リン等が含まれたリン酸カルシウムの事を指しています。このリンカルが男の子の産み分け方法として使用出来ると言うのです。本来、リンカルは男の子を産み分けする為に開発された物では有りません。元々同等の成分を含んだカルシウム剤が有り、それで無脳児の予防をしていたのです。無脳児予防の臨床実験の際、出生した赤ちゃんは全て男の子だったそうで、そうした理由から男の子の産み分けに効果的な物として使われる様になったそうです。リンカルを服用しての男子出生率の上昇は未だ解明されていませんが解明されるとすごいですよね。女の子の産み分けに使えるサプリメントも将来的に開発されるかもしれませんものね。

 

じゃあ一般的なカルシウム剤でも産み分けが出来るのではないかとも思いますが、リンカルと通常のカルシウム剤とでは成分が違いますし、リンカルの何の成分が男の子を産み分けする効果を出しているのか分かりませんのであまり意味が無いかもしれません。もしリンカルが欲しいのであれば産婦人科に行って指導をしてもらいましょう。

 

リンカルの服用方法は毎日忘れないで飲む。これだけですので簡単ですよね。注意点としてはリンカルの効果が出始めるまでに服用してから最低2ヵ月はかかると言う事、途中で5日以上飲み忘れてしまった時には身体から効果が消えますので最初からやり直しになる事が挙げられますので注意してくださいね。また性交渉をした時点で服用を止めるのではなく妊娠が確認出来てから服用を止める様にしましょう。

赤ちゃんへの遺伝について

遺伝に関して皆さんどう思っているでしょうか。「顔が良い」「頭が良い」「性格が似ている」等、良い意味で赤ちゃんに遺伝してくれるなら良いのですが、病気等、遺伝させたくない物も有ると思います。もし親になる方がそういった心配要因が有るのであれば最初から避けてあげたいと思いますよね。もし病気等、疾患が男女の産み分けで避ける事が出来るのであれば産み分けを考えるのも当然の事だと思います。遺伝される病気で代表的な物と言うと、血友病、色盲、夜盲症等が有ると言われています。この中で血友病ですが、出血したら値が止まるまでかなりの時間がかかったり止まらなかったりする病気で昔は成人出来るかどうか分からないと言う様な病気だったそうです。

 

今では医療も進歩したので健常者とあまり変わらない様な日常生活を送る事が出来るそうです。この病気、因子自体は男女共遺伝によって持って産まれる可能性は有りますが、発症は男性しか起きないと言う病気らしく、女の子を産み分けしたいと望む方が多いのです。但し先程女の子にも因子は遺伝すると書きましたよね。ですから因子を持った女の子が男の子を産んだ場合には血友病を持って産まれる事になると言う訳です。しかしこうした遺伝の疾患は発症さえしないと自分が因子を持っているかどうかさえ分からないので妊娠や出産で初めて分かると言うケースも結構存在するのです。また血友病に関しては女性で発症するケースも出てきている様です。この様に産み分けによって遺伝性疾患を回避すると言う産み分け理由も有るのです。