産み分けの費用はどの位?

女の子産み分け

男の子産み分け

 

産み分けにはお金をかけようと思えばいくらでも、逆に抑えようと思えばいくらでも

産み分けをするにあたって心配なのが費用の面ではないでしょうか?不妊治療の場合は凄く費用がかかりますのできっと高いんじゃないかと感じるかもしれませんが、実は2000円以内で出来ちゃうと言う人が凄く多いのです。

 

産み分けに関する雑誌や本を購入した場合の費用がダントツだそうです。インターネットを使えば無料で出来ちゃうかもしれませんね。コーヒーを使ったり体位を変えたり、排卵日を予測したりする産み分け方法ならお金もかかりませんね。但し、ゼリーやサプリメント等、病院に行って実行する場合はやはりお金がかかります。ピンクゼリーやグリーンゼリーは3〜4回分で約1万円位、リンカル等のサプリメントは1ヵ月3000円位が目安となりますのでものすごく高い費用がかかる訳ではありませんよね。更に病院の診察代がかかりますので忘れない様にしましょう。

 

また妊娠出来なかった場合には再度産婦人科に通う事になりますので更に費用はかかる事になります。また病院代とは違うのですが産み分けの方法で食生活を変える場合、食費が別途かかる事になる場合もあります。産み分けにはお金をかけようと思えばいくらでも、逆に抑えようと思えばいくらでも出来ますが、最低限基礎体温を測る婦人体温計だけは購入しておく様にしてくださいね。基礎体温は産み分けだけじゃなく、妊娠に関する事にも役立ちます。自分自身の身体の変化も分かる様になりますので習慣として付ける様にしましょう。

コーヒーによる男の子の産み分け方法

コーヒーを飲むだけで男女の産み分けが出来ると言われています。性交渉を行う30分位前に男性側がコーヒーを飲むだけで男の子が授かれると言う簡単な物です。カフェインが男の子を作る為のY精子を元気付けてくれるらしいのです。こうした話は本当なのか疑問ですよね。

 

不妊治療においても男性が射精をする60〜90分前に飲むとカフェイン効果で精子が活発化するとして勧めています。そして身体がカフェインに慣れない様に、カフェイン効果を高める為に性交渉の1週間位前からはコーヒーを含めたカフェインを摂取しない様にすると更に効果が期待出来るそうです。こうした理由から男の子が欲しい場合は性交渉の30〜90前に男性が濃いめのコーヒーを1杯飲めば良いと言う図式が成り立つのです。だからと言って飲み過ぎはいけません。飲み過ぎた場合は逆効果になる可能性も秘めていますので注意してくださいね。

 

コーヒーを毎日飲みすぎる位の量を飲んでいると精子に異常を出す可能性もあります。毎日飲む方は1〜2杯位がベストではないかと思いますよ。逆に女性がカフェインを摂取すると受精卵の着床率を下げる事があると一般的には言われています。そうなると妊娠自体出来なくなりますので産み分けをするのであれば、性交渉をする少し前あたりからカフェイン摂取を控える様にすれば良いと思いますよ。コーヒーを飲んで男の子を産み分けすると言う方法に科学的根拠が有る訳では有りませんが、男の子が欲しいのであればチャレンジをしてみる価値はあると思いますよ。

ブラジル式による産み分けの方法

中国式産み分け法と言うのが有りますが、ブラジル式産み分け法と言うのも有ります。まぁブラジル式占いの様な物らしいです。母親の数え年と受胎月を表に表し、それをもって調べていきます。意外にもこの表を使った産み分け法は中国式と一緒だそうです。

 

女性の子宮は2つ有ると言う考えが古代ギリシアでは有りました。昔動物を解剖した際に子宮が2つ有りました。当時は人間の解剖が出来なかった為、人間も同じであろうと言う考えがあったそうです。そして右側の子宮は男の子、左側の子宮は女の子と言う考えになっていました。産み分けをする際の考え方は男の子を産みたい場合は右側を下に向けて子宮を下にし、精子が流れる様にしていくと言う産み分け方法だったそうです。また男性の睾丸は2つ有りますよね。子宮と同じく性別の産み分けが出来ると信じられていました。

 

睾丸を下にした方の性別が産まれてくるのでどちらかの睾丸を縛って性交渉をすると言う様な感じだったそうで大変な思いをしていたんだなと言う事が伺いしれます。古代ギリシアではそうした考えから母親の数え年、受胎月による表によっての産み分け方法とは違った考えだったそうです。今では古代ギリシアの考え方は一切有りませんので、ブラジル式や中国式の様な産み分け方法が出てきたり、科学的根拠に基づいて産み分けしたりと言う方法が誕生してきているのです。
産み分けは今だけじゃなく古代から有ったのだと言う事が伺いしれます。