産み分けの成功率はどの位?

女の子産み分け

男の子産み分け

 

今はこの位の確率であると言う事を覚えておくと良いでしょう

産み分けの成功率は100%では有りません。どんな産み分け方法を実行したかでも成功率は変わってくると言います。更に産み分け方法を1つ実行するより、複数実行した方がより成功率も高まると言います。

 

日本で行われている産み分け法で排卵日を測定してそれに合わせて性交渉をして産み分ける方法では男女共80%前後と思ったより成功率が高い事が伺えます。自然性交渉じゃなく精子を人為的に分離させた物を人工受精させるパーコール法では90%程の確率に上がるそうです。但し安全性とか色んな問題が有り、現在ではパーコール法があまり行われていない様です。そう考えるとどんなに技術的に100%に近い確率で産み分けが出来たとしても、実現するのは難しいのではないかと考えられるのです。排卵日を予測しての産み分け法だって決して確率は低い訳では有りませんが、もし産み分けをするのであれば赤ちゃんが授からない場合も、産み分けが失敗する場合も有り得るのだと言う事を覚えておきましょう。

 

それに医学が今より進歩する事によってこの確率も更に高くなるのではないかと予想されています。産み分けは個人にとっては良いですが、男女の出生比率にも影響を出す可能性が有る為、あまり認知されていない現状が有りますし、自然に任せた方が良いと言う賛否両論も有ります。どんな状況にしろ、今はこの位の確率であると言う事を覚えておくと良いでしょう。でも思ったよりは確率は高いのではないかと思えるのです。

双子を産み分けする事は出来る?

双子は一卵性双生児と二卵性双生児とに分けられます。前者は一つの受精卵が分裂して産まれる物で、後者は受精卵自体が二つ出来て産まれる物を指しています。
一卵性双生児は受精卵自体が一つで、成長過程で分裂して二人になる物なので基本的には性別も血液型も容姿も似ています。ですから男女の産み分けは不可能と言う事になります。

 

二卵性双生児は受精卵が二つで違う受精卵ですので性別も血液型も違う可能性が有りますし、顔も似ていないパターンが有ります。通常、女性の排卵では一つしか卵子を作る事が出来ません。しかし何らかの理由によって卵子が二つになり受精卵が二つ出来てしまうのでやはり産み分けは無理と言う事になるのです。排卵時に卵子の数が増えるケースとしては不妊治療として排卵誘発剤を使用した時だそうで、普通の夫婦で不妊ではないのに排卵誘発剤を使う事は原則的にありません。

 

でも双子って憧れますよね。可愛いしうれしい事も倍になるのですから欲しいと言う気持ちもわかります。しかし金銭的にも体力的にも大変だとは思います。妊娠、出産には早産や貧血等トラブルが生じる場合も有ります。こうした事から危険が通常の出産よりあるので、万が一双子が産まれる理由が分かったとしても産み分け自体は出来ない方が良いかもしれませんね。双子なら男女一人ずつとか女の子だけとか男の子だけとか色々組み合わせは有るでしょう。産み分け出来れば良いかもしれませんが、身体へのリスクも伴いますので理解しましょう。