風水による産み分け方法

女の子産み分け

男の子産み分け

 

であれば風水での産み分けを試してみても良いと思いますよ

赤ちゃんを産みたいとした場合、どちらの性別の赤ちゃんが欲しいと漠然と思う事が有りますよね。病気を心配しての産み分け以外で有るならば、風水を使って産み分けを試してみるのも良いんじゃないかと思うのでご紹介してみましょう。風水とは風、太陽、土、水、方角等の自然エネルギーを使って運気を上げていこうと言う環境学になります。古代中国で生まれましたが日本でも簡単な風水を日常生活に取り入れている方が多いです。この風水を産み分けに使ってみると言うのはどうでしょうか?

 

先ずは子宝に恵まれる風水です。ざくろの実、絵、オレンジかピンクの花がラッキーアイテムとなります。寝室の北側にこのアイテムを置く事により子宝に恵まれると言われています。女の子の産み分けをしたい場合は寝室を家の西、南西、南、南東に有る事、ピンクの花とかわいい女の子が描かれた絵を飾る、南枕にすると良いそうですよ。男の子の産み分けをしたい場合、寝室が家の北側、東北側、東側に有る事、白かベージュの壁にして東枕にすると良いみたいです。どちらを産み分けるにしてもカーテンやインテリアは明るめの色を使う様にすると運気が上がります。モノトーンは運気を下げますので使わない方が良いと思いますよ。

 

風水を使っての産み分けには確実性は無いですが、気持ちの問題ですので「どっちの性別でも良いけど出来ればこっちが良いな」と言う感じであれば風水での産み分けを試してみても良いと思いますよ。

産み分けするメリットとデメリット

結構方法を聞いてみると簡単に取り組めそうなのが赤ちゃんの性別の産み分けです。簡単にチャレンジ出来るのであればそのメリットとデメリットについて知っておいた方が良いと思いますよ。

 

先ずはメリットについてですが、産み分けをする事で希望している性別の赤ちゃんを授かる可能性が高まります。もし性別による遺伝性疾患がある場合、それを回避出来る可能性が高まるのです。また産み分けをする事で希望する性別の赤ちゃんが産まれるかもと言う希望が持てますので出生率も上がる事が見込まれています。また産み分けは奥さん一人では出来ません。旦那さんも全面協力して努力する事で夫婦間に深い絆が出来ますし、男性側の育児に対する意識も変わってきます。

 

何となく良い事しか無い様な産み分けですがデメリットだってしっかり存在します。やはりデメリットとしたら産み分けは絶対成功する物ではないと言う事ではないでしょうか。例え産婦人科医からの指導を仰いでいても失敗する事だって有るのです。失敗しても仕方ないねで済ませられれば良いのですが、期待が大きい程その絶望感は大きく、精神的に落ち込んでしまったりその子に愛情が感じられないと言った状況になる事も有るのです。また産み分けそのものがストレスになったり、色んな面で負担になる場合が有ると言うデメリットが有るのです。メリットやデメリットをきちんと覚えた上で赤ちゃんの産み分けに取り組んでいくといいでしょう。

産み分けをする目的は?

現在妊娠をする際に産み分けをする人が増えていると言います。大抵は男の子が欲しい、女の子が欲しいと言った漠然たる理由からではないかと考えられます。1人目が女の子だったから2人目は男の子が欲しいと言うのは分かる様な感じがしますよね。でも本来産み分けをする目的とはどんな事だったのでしょうか?

 

本来産み分けをする目的は先程挙げた様な理由では有りませんでした。伴性遺伝を回避する為の物であったと言われているのです。「遺伝」とは親から子供へと遺伝子レベルで受け継がれていく物です。遺伝子の受け継がれ方は性別によって変わってくると言います。主に伴性遺伝される疾患としては、色盲、夜盲症、血友病、仮性肥大症、筋委縮症等が挙げられるそうです。

 

でも全て子供に遺伝するのではなくて性別によって遺伝する物に差が出てくると言います。親の遺伝子に男の子で発症する様な疾患が有るのであれば、男の子じゃなくて女の子が生まれる様に産み分けをする。逆に女の子が発症する様な疾患が親の遺伝子に存在した場合は女の子じゃなくて男の子が生まれる様に産み分けをすると言う目的が有ったのです。可愛い我が子を辛い目に合わせたくないと言う親の心理ですよね。しかし産婦人科からの指導としては原則産み分けをするのは第二子からと言う事になっているそうです。本来の目的から今はちょっと軽い目的で産み分けが行われている様ですが、本来の目的で産み分けをしている人も実際にいるので、産み分けも赤ちゃんを産む際に大切な事柄になると思います。