病院で治療してもワキガが治らなかった場合の対処法は?

わきが

 

ワキガとは?

ワキガとは、体のワキから特有のすっぱいような臭いがするもので周囲に不快感を与える症状のことです。ワキガを正式に言うと「臭汗症」とか「腋臭症」です。症状と言いましたが、ワキガは病気ではありません。ワキガは体質です。ワキガがある人をワキガ体質と言います。ワキガ体質は両親や祖父母などから遺伝しているものです。

 

なぜワキガだとこのような臭いを発するのかその原因を見ていきます。私たちの体にはアポクリン汗腺という腺がありこれが活発に働くことによって異様な臭いを放つのです。日本人の場合、ワキガは10人から20人に1人程度いるそうです。

 

よく運動をして汗をたくさんかくと汗のにおいで「汗臭い」と言いますが、「汗臭い」のと「ワキガ」は違います。アポクリン汗腺から出てくる汗は、運動をして出る汗とは基本的に違うものなのです。運動したり辛い物を食べたりして出る汗は、エクリン汗腺から分泌されます。このエクリン汗腺からたくさん発汗することは「多汗症」と言われるものです。

 

臭いは感覚で覚えているものなので、ずっとワキガの臭いをさせていても自分自身は慣れてしまって気がつかないことや逆にただの体臭なのに自分がワキガだと勘違いしてしまうこともあります。もしかしたら自分はワキガかもしれないと悩んでいる人は、一度専門医に判断してもらって必要があれば治療をした方がいいと思います。ワキガの治療方法には様々なものがあります。自分である程度は解決できる方法から専門的に治療を受ける方法まであります。まずは診断してもらい治療が必要かどうかはそれから判断すればいいと思います。

臭いの原因

ワキガの臭いの原因となるものは、先ほどもお話ししましたようにアポクリン汗腺から出てくる少し粘り気がある汗です。もともとは無臭の汗です。それが汗の中に含まれているたんぱく質や脂質が体に付着している雑菌の栄養となり雑菌が汗を分解してしまうことで嫌なワキガの臭いを出しているのです。

 

つまり汗をかいたらその部位をできる限り清潔に保っていればある程度は臭いを抑えることができるというわけです。自分でできるワキガの治療方法のひとつとして、清潔にすることが必要なのです。清潔と言っても常にシャワーを浴びて体を清潔に保つようにと言っているわけではありません。簡単にできる方法として、汗をかいたらすぐにその汗を拭くというだけでもワキガ治療に効果はあります。さらにたんぱく質や脂質を効率的に拭きとるにはぬれたタオルを使って汗を拭くといいです。

 

体の特定な部分にしかアポクリン汗腺はありません。それはワキの下の他に、乳輪や陰部や外耳道やまぶたなどにあります。そして人間の汗の出口は体中にある毛穴から出てきます。

 

運動をしたときなどにでるエクリン汗腺からの汗は、体温調整のためにかくものです。それに対してアポクリン汗腺からの汗は、臭いを出すための汗です。もともとは人間がフェロモンを出すためにあるものだと考えられています。

 

ワキガは大人だけではなく子供にもある症状です。特に子供の場合、ワキガが原因でいじめられるというケースもあります。大人の場合でも過度に臭いを気にしすぎてストレスになってしまうこともあります。治療方法を誤るとワキガ症状は悪化することもあります。それを避けるためにもワキガや多汗症などについて原因や予防法や治療法など正しい知識を身につけることが大切です。

ワキガの特徴

ワキガの特徴についていくつか挙げていきます。まずワキガの場合、耳垢が湿っていることが多いです。耳垢が湿っぽいタイプの人は9割以上という高い確率でワキガであることがわかっています。なぜならば外耳道にはワキガの原因物質を出すアポクリン腺があるからです。

 

次に下着やシャツなどのワキ部分に黄色いシミが付着する場合、ワキガである可能性は高いです。黄色いシミが付着する人の場合、アポクリン腺からの分泌物が多いことが起因しているからです。

 

ワキガは遺伝します。家族の中にワキガがいる場合はかなりの確率でワキガになります。例えば親がワキガならばその子供は3割以上の確率でワキガ体質が受け継がれています。さらに片親がワキガという場合に比べて、両親がワキガの場合の方が遺伝する確率も高くなります。

 

わき毛が多い人の場合もワキガの人が多くなります。ワキガ体質の人の多くが毛深いそうです。1つの毛穴から複数の毛が生えているそうです。毛が多いということは、つまり毛穴も多いということなのでアポクリン腺も多くなります。毛が多ければ雑食も繁殖しやすいということも関係しています。

 

わきの下に多く汗をかくこともワキガの特徴です。緊張したからというような精神状態によるものや気温の変化、体の状態などに関係がなくわきの下が湿っているのがワキガです。

 

ワキガの人が自分で気をつけて治すことができる治療のひとつとして食事があります。肉料理や乳製品などをたくさん食べていると、アポクリン腺から脂肪がたくさん分泌されるためワキガの臭いの原因となります。薬や手術などに頼るまでもなく、汗をかいたらすぐに拭くとか、食事に気をつけるなどの方法をとることで、多少の治療効果は得られると思います。

病院で治療してもワキガが治らなかった場合の対処法は?記事一覧

ワキガの臭いの予防

ワキガによる臭いを予防するためにいくつかできる方法を紹介しますワキガによる臭いを予防するためにいくつかできる方法を紹介します。大切なことは常にワキを清潔に保つことで、臭いの原因となる雑菌を繁殖させないことです。ワキガを根本的に治療するには、手術などによる治療方法もありますが、それ以外のものとして自分...

≫続きを読む

 

軽度のワキガの治療

軽度のワキガの場合ならば特に病院で治療することは必要ないと思います軽度のワキガの場合ならば特に病院で治療することは必要ないと思います。制汗剤を使ってワキガの臭いを抑えるなどして対応していけばいいと思います。現在様々なデオドラント製品が販売されています。大きく分けてみると5つに分類されます。1つ目は殺...

≫続きを読む

 

自分でできるワキガケア

自分でワキガケアを行う方法はいくつかあります自分でワキガケアを行う方法はいくつかあります。まずは先にも述べましたように、ワキなどを清潔にすることです。毎日お風呂に入って体を清潔にすることで、いくらかワキガの症状を軽減することができます。そして食事療法を取り入れて治療することです。肉類と乳製品はワキガ...

≫続きを読む

 

ワキガの手術は保険適用になるのか?

ワキガの手術治療の中で「皮下組織剪除法」という方法だけが保険適用の対象ワキガを根本的に治療したければ、外科的な手術が必要となります。しかし治療を行うとなれば当然費用面が大きな心配事です。普通の病気の場合は健康保険の適用がされるため、費用は何分の一かの負担で治療を行うことができます。しかしワキガの治療...

≫続きを読む

 

ワキガ保険適用の病院

ワキガ治療専門に行っている病院の方が医師の技術が高くて経験も多いワキガ治療のそのほとんどが保険適用外になります。しかし中には保険適用となるワキガの手術治療を行っている病院もあります。それは多くの科がある大学病院などを始めとする大病院。皮膚科や形成外科。一部の美容整形外科などです。今述べた病院でワキガ...

≫続きを読む

 

ワキガは生命保険が適用になる?

社会保険や国民保険などでもワキガ治療が一部保険適応されるケースがあります健康保険がだめでも加入している生命保険から給付を受けることができる可能性もあります。ワキガで手術治療を受けた場合、生命保険によっては手術給付金を受け取ることができるケースがあるようです。しかしすべての手術に適用があるわけではない...

≫続きを読む

 

ワキガ手術の負担金額は?

保険適用させると、その分多くの人数のワキガ手術をこなさなければ割にあわないそうですワキガの治療には、2種類あり自費治療と保険適応治療とがあります。ワキガの治療費にかかる費用総額は保険が使えるのと使えないのとによって大きく自己負担金額が変わってきます。例えばワキガの手術治療を切開剪除法でした場合、保険...

≫続きを読む

 

ワキガ治療の病院選び

絶対にそこの病院でワキガの手術治療を受けなければいけないことはありませんワキガの治療を行う、あるいは手術を受けると決めた場合に一番大切なことはどこの病院で治療を受けるかです。情報収集をしてどこの病院がいいのか判断して決めるしかありません。病院を選ぶポイントをいくつか紹介します。まずは複数の病院でカウ...

≫続きを読む

 

病院でのワキガ治療について

ワキガの治療を行っているのは皮膚科の他にも美容皮膚科や美容外科などですワキガ治療については様々な病院やクリニックなどで行われています。多くのワキガ治療法もあります。その中で自分に合う方法はどれになるのか、きちんと下調べをした上で決めることが大切です。信頼できる医師と信頼できる病院に合うことがワキガ治...

≫続きを読む

 

ワキガの治療方法について

完全にワキガの臭いを消したい場合にはやはりメスを使った手術治療法現在、ワキガの治療方法はとてもたくさんあります。食事が欧米化したためなのか、近年はワキガに悩んでいる人がとても多いです。ワキガの治療法としては、自分でケアするクリームや制汗デオドラントの使用などから、内服薬の使用、手術治療などがあります...

≫続きを読む