ワキガ保険適用の病院

わきが

 

ワキガ治療専門に行っている病院の方が医師の技術が高くて経験も多い

ワキガ治療のそのほとんどが保険適用外になります。しかし中には保険適用となるワキガの手術治療を行っている病院もあります。それは多くの科がある大学病院などを始めとする大病院。皮膚科や形成外科。一部の美容整形外科などです。

 

今述べた病院でワキガ治療を行ったからといってすべてが保険適用になるわけではありません。ワキガの治療内容や手術方法などによって保険適用か適用外か決まります。しかし大きな病院の場合、保険適用内でワキガ治療をお願いしたい旨を伝えれば、保険の範囲内で治療を行ってくれるところもあります。また大きな病院の場合は、設備が充実しているというメリットもあります。中には例外もありますから、保険適用を受けてワキガ治療を受けたいと言う人の場合は、事前に病院に確認してから行った方がいいと思います。ワキガ治療や手術を保険適用で行いたい場合は、総合病院など大きな病院にした方がいいと思います。

 

どうして病院によって同じワキガ治療でも保険適用される場合とされない場合があるのか疑問に思うところです。それはワキガ手術というものが、ワキガの症状を治すというものではなく、ワキガの悩みを治すと判断されるからです。そのため病院によって違うのです。ワキガの治療を専門に行っている美容外科などでは保険適用外となるのが一般的です。

 

費用面を重視すれば保険適用を認められている病院や手術法を受けたくなるものです。しかし実際には保険適用外となっているワキガ治療専門に行っている病院の方が、医師の技術が高くて経験も多いため安心して治療を受けられるというメリットもあります。これらを踏まえて費用面だけではなく、総合的に考えて自分に合った病院を選ぶようにしてください。

手術

「トリプルサクション法」というワキガの手術治療法があります。先ほどの「マイクロレーザー法」を多重に応用させた方法で傷跡が小さくてアポクリン汗腺を的確に除去できるという手術です。現在日本で行われているワキガの治療において、得られる効果が最も高くて傷跡も最も小さい治療法となっています。従来行われていたワキガの治療法では、傷口が大きいとか、確実に汗腺を取り除くことができないとか、皮膚が壊死する可能性があるとか様々な問題がありました。しかしこのトリプルサクション法では、最初にレーザーを使って組織を燃焼させて破壊します。そして吸引しやすい状態にしておいてから、3mm程度の穴から特殊な治療器を入れて治療していきます。

 

ワキガの手術をした後に行う圧迫固定の時間が短くなり、ダウンタイムも短くなります。何よりも汗をシャットアウトすることができるというメリットがあります。ワキガの施術時間は、両脇の場合で2時間程度です。麻酔は局所麻酔で行います。手術のあとにわきを固定するのは24時間です。腫れは通常5日から7日程度で収まります。1週間後には抜糸することができます。ワキガ手術した後の傷跡は3mm程度で、シャワーに関しては手術の翌日以降、入浴に関しては手術の9日後から可能です。

 

このようにして多くの手術法、治療法があります。自分の状況にあった方法、日にちや術後の回復力、傷跡、金銭面などについて総合的に判断してベストな方法を選んでください。