病院でのワキガ治療について

わきが

 

ワキガの治療を行っているのは皮膚科の他にも美容皮膚科や美容外科などです

ワキガ治療については様々な病院やクリニックなどで行われています。多くのワキガ治療法もあります。その中で自分に合う方法はどれになるのか、きちんと下調べをした上で決めることが大切です。信頼できる医師と信頼できる病院に合うことがワキガ治療の効果をより高くします。

 

「総合病院」でワキガの治療をすると保険の対象となる場合が多いです。大学病院や総合病院などでワキガの治療をする場合の診療科は形成外科になると思います。総合病院でワキガ治療をすることに抵抗がある人の場合は、ワキガを専門に扱っている医療機関を受診するといいと思います。専門医の診断結果によっては総合病院で手術を行う必要がない場合もあります。手術後のケアのことも含めて、信頼できる医師と病院を探すことがもっとも大切なことなのです。

 

形成外科で行うワキガ治療のほとんどが保険の対象です。そのため比較的安い費用でワキガ治療を行うことができます。形成外科があるところには、皮膚科や麻酔科が併設されているところがたくさんあるので、手術を受けるときでも安心です。ワキガの治療を行う形成外科は個人の開業医もあれば、総合病院の中にあるところもあります。ワキガ治療をメインに掲げている形成外科の場合は、経験豊富なので安心できるというメリットがあります。

 

ワキガの治療は皮膚科でも行われています。ワキガの治療を行っているのは、皮膚科の他にも美容皮膚科や美容外科などです。医師の考え方や医療方針などを聞いてどこで治療を受けるのか考えるといいと思います。インターネットなどで気になる病院を検索したら資料請求をするなどして情報収集を行いましょう。資料だけで解決できなかった不安点や疑問点などについては、直接病院で確認するようにしましょう。

超音波治療法

手術の方法で紹介したワキガの「超音波治療法」について詳しく説明します。数あるワキガ手術の中で近年最も注目されている最先端の手術が「超音波治療法」です。超音波を使ってアポクリン汗腺やエクリン汗腺や皮脂腺を取り除きます。

 

手術の方法としては、わきの下に数ミリ程度の小さな穴を開けます。そこから超音波の発生器を挿入します。超音波を発生させることで汗腺を破壊して吸引します。最後に手術痕を1針縫合します。手術は30分程度で完了します。

 

超音波治療法のメリットは、他のワキガ手術に比べて効果が高いこと、そして再発の可能性が低いことです。肉体的な負担も少なくて安全性が高いこともメリットです。血管や神経などを傷つける心配も少ないですし、出血もほぼないので感染症の心配もありません。手術中にも手術後にも痛みをほとんど感じません。わき毛を残す方法をとるか残さない方法かを選択できます。入院の必要がなく手術後の回復も早いです。手術痕も目立ちません。

 

超音波自体、産婦人科の検診で胎児を見る際にも使われているので安全性は実証済みです。安心して治療を受けることができます。

 

超音波治療法のデメリットとしては、最先端医療なので、実際にこの治療を行っている医療機関が少ないため利用することが困難なことです。そして機械自体も最先端のものなので、この機械を使って手術経験のある医師も少ないことが挙げられます。超音波なので、長時間当てすぎるとやけどの危険性があります。糖尿病や血友病の疾患がある人の場合はこの手術を受けられないことがあります。手術前のカウンセリングで健康状態や服用している薬などをきちんと医師に伝えて話を聞き納得してから手術を受けるようにしてください。